無題ドキュメント
"長野県塩尻市の土地の個性、特性を最大限に活かし、「美しく」、「美味しい」ワインをお届けします。 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。"
カート
ユーザー
絞り込む
ワインカテゴリー
コンテンツ

赤ワイン

8商品
  • シャトーサンサンメルロ 2015
    シャトーサンサンメルロ 2015
    5,000円(税込5,400円)
    自社畑の糖度22度を超す健全果のメルロを厳選し原料としました。発酵後は“Vin de goutte”と呼ばれるフリーランワインを主にフレントオーク新樽に入れ熟成。リッチな樽香のブケー、絹のような滑らかなタンニンが調和した深い味わいです。シチューなど濃厚なお肉料理と合わせてお楽しみください。
  • サンサン コンコード 2017
    サンサン コンコード 2017
    1,200円(税込1,296円)
    長野県塩尻市産のコンコードを使用した辛口ワインです。 醸しの期間を短くすることでコンコード特有の香りを抑え、 上品さのあるワインに仕上げました。 芳醇な果実の甘い香りとフレッシュな酸味が特徴のこのワインは毎日の食卓を彩る一品です。     
  • メルロ クラレット 樽熟成 2015
    メルロ クラレット 樽熟成 2015
    2,500円(税込2,700円)
    標高850mを超す長野県東御市に位置するアトリエ・ド・フロマージュのぶどう園でスタッフが心を込めて育てたメルロを使用して醸造。ヴォージュ県のフレンチオーク新樽に入れて熟成させました。ぶどう畑にたちこめる朝霧を思わせる淡い色と飲みやすさは女性にもおすすめのワインです。
  • サンサン エステート 柿沢ルージュ 2016
    サンサン エステート 柿沢ルージュ 2016
    2,000円(税込2,160円)
    自園であるサンサンヴィンヤードは塩尻市柿沢地区に位置し、標高840m~864mの冷涼で風通しの良いブドウ栽培に適した場所です。このワインはサンサンヴィンヤードのメルロとシラーをブレンドすることでメルロのしなやかさとシラー特有のスパイスのアクセントが溶けあった飲みやすいワインです。
  • サンサン エステート 柿沢メルロ セクションA 2015
    サンサン エステート 柿沢メルロ セクションA 2015
    2,500円(税込2,700円)
    自園であるサンサンヴィンヤードは塩尻市柿沢地区に位置し、標高840m~864mの冷涼で風通しの良いブドウ栽培に適した場所です。このワインはサンサンヴィンヤードのA区画で収穫したメルロを100%使用しました。新樽で貯酒後、瓶内で1年以上熟成させたこのワインは口当たりがまろやかで、調和が取れた優しい味わいのワインです。
  • サンサン エステート 柿沢メルロ セクションB 2015
    サンサン エステート 柿沢メルロ セクションB 2015
    2,500円(税込2,700円)
    自園であるサンサンヴィンヤードは塩尻市柿沢地区に位置し、標高840m~864mの冷涼で風通しの良いブドウ栽培に適した場所です。このワインはサンサンヴィンヤードのB区画で収穫したメルロを100%使用しました。新樽で貯酒後、瓶内で1年以上熟成させたこのワインは色調が濃く、力強い味わいです。ビーフシチューなどのしっかりしたお肉料理と合わせてお楽しみください。
  • サンサン エステート 柿沢メルロ W
    サンサン エステート 柿沢メルロ W
    1,800円(税込1,944円)
    自園であるサンサンヴィンヤードは塩尻市柿沢地区に位置し、標高840〜864mの冷涼で風通しの良い葡萄栽培に適した場所です。この「W」と命名したワインは2016年と2017年のメルロをブレンドしたダブルヴィンテージワインです。渋みのしっかりとした味わいで色調が濃く、ほのかな樽香が溶け込んだ優しい味わいです。時間が経過するごとに表情が変わるワインの奥深さを楽しみ、より身近に感じて頂けるワインです。
  • サンサン コンコード ガーネット2018<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />
    サンサン コンコード ガーネット2018
    1,600円(税込1,728円)
    長野県塩尻市産のコンコードを使用した甘口ワインになります。醸しの期間を短くしながらも色調を濃く仕上げたワインに、同じ品種の甘口ワインをブレンドすることで果実由来の程よい甘さが特徴のワインに仕上げました。まるでブドウそのものを食べているかのようなこのワインはついつい飲みすぎてしまう一品です。